読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DOG CLUB CACUS

I'll be with you always  ~ いつも あなたの そばに いるよ~

Dilated Cardiomyopathy DCM - 拡張型心筋症

ドーベルマンの拡張型心筋症は特異な経過を辿ります。

私自身も、ドーベルマン ルナ (牝) アルフ (牡)の2頭が、

拡張型心筋症の疾患がありました。

ただ、アルフは突然死でした。

様子がおかしくなり、呼吸が止まるまで約45分間。

手の施しようがない状態です。

でも、ドーベルマンの心筋症の知識がある獣医であれば、

もしかしたら対処法があったかもしれません。

早めに投薬できていれば、また違う結果があったのかもしれません。

それでも、強心剤を打つぐらいの事しかできないと言われました。

アルフの場合、心筋に異変が起きるまで普通でした。

元気に走り、何も変わったところはありません。

異変が起きてからは、体温が急激に下がり、歯茎は真っ白、この時点で、

収縮不全が起こっています。

突然死とはこういう経過を辿るのだと、これが夜中であれば朝起きたら、

もう冷たくなっているパターンです。

突然死を避けるためには、検査をし少しでも結果に疑問があれば、

早めの投薬を始める事で、最悪の結果は避けられます。

ルナは1歳頃からお薬も飲み始め、11歳まで症状は出ませんでした。

 

組織学的にはボクサーやドーベルマンのDCMで認められる脂肪浸潤−変性型

だそうです。これは初めて目にしました。これから調べていきたいです。

拡張型は心筋の細胞が変化して、質がもろくなったり、脂肪変性、繊維化

等したりして心室壁が広がり、薄くなり、収縮カが弱くなって、

血液を送り出す力も落ちてしまうものを指します。

早めの処置が大切です。

 

f:id:anri0508:20161102200441j:plain