読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DOG CLUB CACUS

I'll be with you always  ~ いつも あなたの そばに いるよ~

拡張型心筋症

Dilated Cardiomyopathy DCM - 拡張型心筋症

ドーベルマンの拡張型心筋症は特異な経過を辿ります。 私自身も、ドーベルマン ルナ (牝) アルフ (牡)の2頭が、 拡張型心筋症の疾患がありました。 ただ、アルフは突然死でした。 様子がおかしくなり、呼吸が止まるまで約45分間。 手の施しようがない…

Test result - 検査結果

7月にピースが受けた心臓の血液検査 Cardiopet® proBNP 検査 心臓バイオマーカー ド-ベルマンの心筋症は特異な経過を辿ります。 無症候で進行し、症状が出た時は「突然死」 心エコーの収縮率だけでも不十分です。 また、経験上 ドーベルマンの場合、無症候…

Animal hospital - 動物病院

ピースが心臓の薬を飲むようになって2か月が経ちました。 で、 今日は検査のため動物病院へ・・・ 心エコー、レントゲン、血液検査 収縮率はお薬を飲む前と比べると10%近く上がって約33%に。 レントゲンは変化無し 血液検査の結果は28日に出ます。 収縮…

Dilated Cardiomyopathy -拡張型心筋症

幸せで楽しいいつもの時間が流れるなか、 何の前触れもなく突然死が訪れる。 それも寿命と頭では理解できても、心は理解できるはずもなく、 そんな悪夢としか言いようのないこの現象、その原因の一つに拡張型心筋症という疾患があります。去年旅立ったドーベル…

Hydrangea - 紫陽花

今年もショールームの紫陽花が綺麗に咲いています。梅雨に似合う花です。 どんよりとした曇り空の下、とても綺麗に見えます。ドーベルマンの拡張型心筋症は遺伝的なものが多いと思います。 今まで1頭だけ、とても強い心臓を持っているドーベルを見たことがあります。 が…

Dilated Cardiomyopathy (DCM) - ドーベルマンの拡張型心筋症

ドーベルマンの拡張型心筋症と言われるぐらい、 ドーベルマンの拡張型心筋症は特異な経過を辿ります。4月に旅立ったルナ(ドーベルマン牝11歳)も拡張型心筋症でした。 生後8ヶ月頃、散歩中にゴロンと横になる事が気になり検査をしました。 結果は拡張型…

DCM(Dilated Cardiomyopathy ) - 拡張型心筋症

我家のドーベルマン ルナは生後8ヶ月頃、DCM(拡張型心筋症)に罹患しました。 お散歩中に突然横になり苦しそうな息遣いをするのが気になり レントゲン、心エコーの診察を受けました。その時の宣告は「余命半年」 今から約10年前の事です。突然バタンと横になる…

Today's Dog - RUNA  ルナ

お久しぶりのルナです。暑いですが元気にしています。 ノンビリ気ままな毎日を過ごしております。 アルフ、ピースも優しいからルナの我侭を聞いてくれるんです。 だから、 彼達が食べてるオヤツは口から奪います。そんなルナも10月のお誕生日がくれば10歳で…

Every day of the Runa ルナの毎日

お久しぶりです。ルナです。頚椎椎間板ヘルニアは今のところ状態は落ち着いています。まぁ、そういう疾患があるのか?というぐらい動きが激しいです。ルナの大好きな一つに水遊びがあります。 ん〜1mぐらいはジャンプするでしょうか・・・ ずっと遊んでいます…

Every day of the Runa ルナの毎日

昨日の日曜日は久しぶりに犬達とたっぷり遊びました。アルフ、ピースは訓練も兼ねたボールでのヒッパリッコ。 この状態で現状の精神状態を見ていきます。訓練の上達に遊びはとても大事な要素です。 遊びが楽しくなければ それは、私に魅力がないからだと考え…

Every day of the Runa ルナの毎日

ルナは変わりなく元気です。頚椎のヘルニアも落ち着いています。 足先をひっくり返して麻痺の状態を見るのですが、 すぐ戻すので麻痺の進行もありません。今日などはアルフ、ピースと一緒に運動場を全力で走っていました。 コーナーで転倒することもなく走り…

Every day of the Runa ルナの毎日

Sunday, May 8今日はルナの心臓のお薬を取りに行く日でした。 と同時に ルナの診察と他の犬達も狂犬病の注射とフィラリアの検査をやりました。ルナのヘルニアは最近、 私が見る限り以前より後ろ足の麻痺が改善されていると思ってました。診察室に入り先生か…

DCM-拡張型心筋症

ドーベルマン ルナは8ヶ月の時に「拡張型心筋症」の診断を受けました。 その時のエコーで見る心臓は今にも止まりそうなぐらい肥大していました。 FS(収縮率)は確か10%を切っていたと記憶しています。余命半年という宣告を受けフリーズした事を覚えて…