読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DOG CLUB CACUS

I'll be with you always  ~ いつも あなたの そばに いるよ~

Supplement - 関節サプリメント

アルフ&ピースも5歳から飲んでいた「関節サプリメント」 ArthroーSnack アルトロスナック アルフもピースも関節炎などの症状はなく、元気で過ごせました。 ピースは十字靱帯断裂があったので、関節炎は覚悟していましたが、 ボールのパット・・・最後まで力強…

Cranial Cruciate Ligament - 前十字靱帯

前十字靭帯(Cranial Cruciate Ligament:CrCL)は、 膝関節内で大腿骨と脛骨を結ぶ太い靭帯で、 大腿骨に対して脛骨が前に飛び出ないよう制限する重要な役割を果たします。 このCrCLが完全または部分的に断裂すると、 膝関節は安定性を失い、様々な程度の跛行…

Rain - 週末の雨

今日は一日すっきりしない日でした。雨が降りそうで降らないお昼間でしたが、 夜になって本降りになってきました。 明日の朝には止んで欲しいと思います。夕方は雨も降っていなかったので、少しだけ追及の練習をしました。 まだまだ雑な部分はあるのですが、…

Joint pain - 関節炎

我家のピース(ドーベルマン 牡 3月で8歳) 2歳の時に両後ろ脚、靱帯断裂の手術をしました。 左足の半月板はほとんど無い状態です。 100%に近い確率で関節炎になる。という説明を当時受けました。5歳を過ぎた頃から、そろそろ発症するのかな・・・と不安に…

Cranial Cruciate Ligament - 前十字靱帯断裂

我家のドーベルマン ピースは靱帯断裂の手術を受けています。 後足両方です。 手術をしてから5年が経ちました。断裂手術は術後が大変・・・いやあえて過酷と言わせていただきます。 私とピースにしかわからない重い時間を過ごしました。 でも頑張ったのはピースです。 半…

Refreshing day - 爽やかな一日

今日はカラッとした爽やかな一日でした。 こんな日が長く続けば良いなと思います^^ これからは犬達にとっても過ごしやすい季節となっていきます。 同時に冬に向けてしっかり運動して、食べて、休んで、 強い体を作っていく時期となります。我家の犬達もそろ…

Joint supplement - 犬達の関節サプリメント

カークスが販売している関節サプリメント「Arthro-Snack」アストロスナック加熱をしない特別な加工によってアストロスナックは高い価値のある内容成分(緑イ貝)が 最良の状態で保たれています。軟骨や靭帯、腱に良い効果をもたらしています。我家のピースは2歳の時に断裂手術…

Green Lipped Mussel - 緑イ貝

去年から販売を開始している関節サプリメント 「Arthro-Snack」です。関節サプリメントという名称なので、 どうしても、関節の悪い犬達にというイメージが先に立ちますが 緑イ貝にはプラスαの効果があります。私はこのプラスαの効果にとても興味をもっていま…

Anterior (cranial) cruciate ligament ACL - 前十字靭帯断裂

我家のドーベルマン ピースが靭帯断裂の手術をしてから 今年で5年が経ちます。早いですね・・・去年、ドイツ(Schecker)から関節サプリメントの輸入が実現しました。 Scheckerにも関節サプリはたくさんの種類があります。その中から薦めていただいたのが、加…

Green Lipped Mussel - 緑イ貝

去年、夢だったサプリメントの輸入が実現できました。日本も高齢になると関節炎に苦しむ犬達が多いです。健康食品なので絶対という事は言えません。ただ、奇跡の貝と呼ばれ食べれば痛みが去り体に春が戻って来るという伝承歌も存在します。緑イ貝は、原産地…

Joint supplement - 関節サプリメント 緑イ貝

去年の5月、念願だった関節サプリメントがドイツからやってきました。犬達の関節サプリメント「Arthro Snack」アルトロ スナックさすが、ドイツです。 一切余分な事はありません。だいたいの想像はしていましたが、 期待を裏切らず、 飛行機に乗…

Joint pain - ビスキー 関節炎 その後

昨日はビスキーの関節炎の検診でした。経過は良好です。 まず安心したのが関節炎の進行が止まっていることです。Scheckerの関節サプリと獣医さんから処方されたサプリメントを飲んでいるのですが、 獣医さんからのサプリメントは量を減らすことになりました。関節サプ…

Introduction - ご紹介、犬達の関節を守るサプリメント

5月から販売を開始している関節サプリメント「DOG ORTHO」ドッグオルト私がピースが靱帯断裂の手術をして今後関節炎を発症する可能性が高く、 発症を遅らせるために何に気を付けていけばいいのか・・・ という話を、Scheckerの担当者に相談しました。Schecker担当者…

Supplement - 関節サプリメント

台風の進路はかなりそれていますが、 進路にあたる地域は大雨となっているようです。 お気を付けください。我家のドーベルマン ピース君、 ピースは少し神経質な気質で、それは食に対してもです。 去年の夏は週1回は必ず絶食の日をピースが考えて作っていました。 が、…

Joint pain - 関節炎

整形外科用ドッグベッド「DOG ORTHO」ドッグオルトの 一番大きなサイズ:120cm×70cmが入荷しております。関節炎は犬達にとっても深刻な疾患だと感じます。体重をコントロールして、尚且つ運動制限出てきます。 犬達にとっても飼い主にとっても大変な日々です。運動もまった…

Joint supplement - 関節サプリメント

老化や関節の疾患がおきると 関節軟骨の破壊を促進する酵素が多く働き出すそうです。カークス取り扱っている関節サプリメント「ORTHO SNACK」関節に大きな効果のある緑イ貝(粉末)を美味しく簡単に摂取するために開発されました。200gの板は32個の一口サ…

Arthritis - ドイツ発 関節炎治療の新技術

関節炎は、骨同士の接合面を保護して動きを滑らかにしている軟骨に支障が出て、 関節の炎症を引き起こし、徐々に悪化していく病気です。 炎症が起こると関節の動きが滑らかでなくなり、慢性的な痛みを引き起こします。関節表面は体の他の器官とは異なり一度…

Typhoon - 台風

台風15号が近づいているようです。 大雨、暴風にはお気をつけください。ここ数日とても過ごしやすかったのに・・・ 今日は蒸し〜として暑さがぶり返した感じです>< 台風の影響もあるのでしょうが・・・台風の進み具合が遅いので、 明日のレッスンは何とか出来そ…

Veterinary medicine - 獣医療

平成7年の夏まで、 私は医者というのは基礎知識は正確にあるものだと考えていました。基礎知識というのは、 例えばレントゲンの画像を理解できる。という事等です。が、 平成7年の夏、 それはまったく違う。 レントゲンが見れる医者、見れない医者がいるのだ…

Hot - 当り前だけど暑い・・・

今日も暑かったです。冷たい飲み物は爽快ですが常温での水分補給の方が 水分を多く取れるそうです。特にお年寄りは常温での睡眠補給をすすめてあげてください。我家のピースは両後ろ脚にプレート、ボルトがはいっています。 靱帯断裂の手術のためです。断裂…

Joint supplements - 関節サプリメント

先月から販売を開始している関節サプリメントです。詳細ページをアップしました。消炎効果のある緑イ貝を60%以上使用したサプリです。 緑イ貝は関節炎、リウマチ、膝痛、腰痛に効果があると言われています。靭帯、腱の再生にも効果があると言われています…

Four years - 4年が経ちました

ドーベルマンのピースが十字靭帯断裂の手術を受けてから 4年が経ちました。最初の手術の時はアンリママが安静期間中ずっとピースの傍にいました。 次の手術の時、 アンリはもういませんでした。4年が経ちピースも6歳になりました。先生が同じ兄弟でも断裂する仔としない仔がい…

anterior cruciate ligament (ACL) - 前十時靭帯断裂

我家のピース(ドーベルマン 牡6歳)は 十字靭帯断裂で両後ろ足にプレートとボルトが入っています。十字靭帯断裂の手術を受けた犬達は予後に関わらず「変形性関節症」を 発症すると言われています。発症をいかに遅らせるかがポイントとなります。・体重を増…

Heat measures - 暑さ対策

ゴールデンウィークを目前にジワリジワリと暑くなってきました。先週頃からチラホラと例の物が動き出しました。それは何か・・・ジャ〜〜ン・・・世界中の獣医師から推奨されている「クールカラー」です。使い方はとっても簡単、 水に浸すだけです。但し、浸し過ぎには注意してく…

Orthopedics - 犬達の整形外科用ドッグベッド

整形外科用ドッグベッド「DOG ORTHO」ドッグオルトから 新サイズが入荷しました。サイズC : 120cm × 70cm結構、いや、かなりゆったり、くつろげる空間となります。私の母も今日で7???歳となりました。 年を取ると人も同じですが犬達、猫達も質の高い睡眠が求められま…

Doberman Peace - ドーベルマン ピース

ピースが最初の断裂手術をしてから4年が経ちます。去年の後半ぐらいから体がグンと大きくなりました。 幅が出てきました。 それまではどれだけ食べても細かったので、 生まれもった体格なのかと思っていました。断裂手術後の2ヶ月間のゲージ生活にピースは文句も…

Rehabilitation - リハビリ

引っ越してから1週間が経ちました。ピースの後ろ足右膝は硬さがありました。 足を拭く時にチェックするのですが、 後ろ右足の膝は硬さがあり可動域が狭かったのですが・・・此方に来てから毎日歩きます。 変な負荷はかけず、ただただ歩きます。 多分、この歩くこと…

ACL - 十字靭帯断裂

ドーベルマンのピースは両方の後ろ足にプレートとボルトが入っています。十字靭帯断裂の手術(TTA)を受けて2年が経ちます。座れの時の足の角度、伏せの時の足の角度は毎日しっかり観察しています。 痛みが出てくれば、この角度に異変があると考えていま…

TTA-十字靭帯断裂

6月はピースが最初の靭帯断裂手術を受けた月です。今でもなぜ靭帯が切れたのかを考える時があります。激しい運動などは決してしていません。 ごくごく普通の動きです。これは私の考えですが 2歳までは関節や筋肉に負担のかかる運動は避ける。と考えていま…

TTA-十字靭帯断裂

やっと見つけました。 ピースの靭帯断裂の時に参考にしていた海外のサイトを・・・私も病院で断裂した靭帯の動画を見せてもらいました。 まさしく、このサイトの動画そのものです。 何ていうか荷造りで使う白い紐のように見えます。 断裂するとこんな風になりま…

Elizabeth color-十字靭帯断裂とエリザベスカラー

十字靭帯断裂もそうですが手術をすれば傷口を舐めないように エリザベスカラーをします。まぁしかし、このエリザベスカラーを好きな犬はいないのではないでしょうか・・・ドーベルマンは首が長いので大変です。 グ〜ンと首を伸ばして足ぐらいなら簡単に届きます…

Rehabilitation-十字靭帯断裂 リハビリ

ドーベルマン ピースが靭帯断裂を起こすまで 私自身、外科処置の必要な怪我の経験は犬ではありませんでした。靭帯断裂は断裂を起こさないようにしてやる事が一番ですが 激しい動きをした時など、どうしても避けれないこともあります。 断裂を起こしたら、 ま…

TTA-十字靭帯断裂 ピースの様子

ピースが十字靭帯断裂の手術をして左足は2年、右足は1年が経過します。 やはり毎日、無意識に足に目がいきます。 激しく動くとヒヤッとする瞬間もあります。先週、健康診断と一緒に足の状態も診てもらいましたが 今のところ問題はないとのことでした。 先…

十字靭帯断裂-In the case of Doberman peace

今日は久しぶりにピースとボールで遊びました。 ピースはどんな物品でも楽しく遊びます。 が、やはりボールは特別なようです。訓練を始める前は一度取ったボールは絶対に放さない。放すもんか。 という支配行動が強く かなり戦いがありました。今は「アウス…

十字靭帯断裂-TTA In the case of Doberman peace

ピースの足は今のところ順調です。 正直、プレートが破損したらどうしよう・・・とかいう不安がないわけではありません。 ただ、TTAという術式は少々の事では破損したりはしないと聞いています。画像は最初の手術(左足)の時です。これで術後半年です。 半…

十字靭帯断裂-TTA手術  In the case of Doberman peace

ピースが十字靭帯断裂でTTAの手術を受けて左足が2年、右足で1年が経ちました。 ピースの後ろ足にはチタンのプレートとボルトが入っています。骨のつき方や角度は犬によって個々違います。 プレートやボルトをつける角度はとても重要なことです。 この角…

The Importance of Postoperative Rehabilitation after TTA 十字靭帯断裂リハビリの重要性

十字靭帯断裂の手術そのものは 内臓を切るわけではないので全身麻酔というリスク以外は 犬にとって体への負担はありません。それ故、 麻酔から覚めてからが大切であり重要となってきます。でも、できるなら靭帯断裂という怪我は避けたほうがいいに決まってま…